KASABUTA-ENDLESS

*

【仁王2攻略】旭光編サブ「奥伝、堺筒の行方、あやかし神楽、地獄の数寄者、強き焔は天高く、人攫い、侍う者、破戒の術師、三つ目の伝言、三悪の梟雄」

   

どうも。

今回は仁王2の旭光編のサブミッションを一気に紹介。

次編から開放されるミッションの達成が受注条件になっているミッションもあるので注意。

スポンサーリンク

【仁王2攻略】旭光編サブ「奥伝、堺筒の行方、あやかし神楽、地獄の数寄者、強き焔は天高く、人攫い、侍う者、破戒の術師、三つ目の伝言、三悪の梟雄」

武の道 奥伝、忍の道 奥伝、陰陽の道 奥伝

最初のメインミッションクリア後に開放。

武器種の熟練度が8万、忍術・陰陽術の熟練度は10万必要。

堺筒の行方

複数を相手にすることが多いミッション。

特に最終エリアはきつい。すけびと呼ぼう。

あやかし神楽

おなじみの温泉ミッション。

アイテム全回収するなら梁桁を伝っていく必要あり。

地獄の数寄者

牛頭鬼、馬頭鬼再来。

なんか「牛頭馬頭」というトロフィーが取れた。一緒に倒すとか?

強き焔は天高く

妖怪の配置がかなり憎い。

特に鍵を取りに行った帰り道に敵が湧くのはヒドい。

人攫い

ミッションタイトルだけで姑獲鳥が出てくることがわかる。

最後の橋の上の姑獲鳥では時間経過でどんどん餓鬼が湧いてくるようです。

侍う者

彌助救出ミッション。

破戒の術師

孫市と共闘ミッション。

受注可能になるには「陰陽師10体を倒す」必要があります。

受注不能時(鎖が絡まっている状態)が見にくく、しばらく視認できてなかった。

陰陽師は『燃え落つ焔』の最初の社から進んだお堂にいるので、そこでマラソンし、ひもろぎで帰ってきました。

累計討伐数も記録から確認できます。

三つ目の伝言

雑賀孫市と一対一の戦い。

サシといえばこのフィールド。

二刀だったからキツかったものの、斧だったら瞬コロできたでしょう。

いつか孫市装備セットも使ってみたい。

三悪の梟雄

二刀の奥義修行「二条の剣豪」クリアが条件になっている。

が、二条の剣豪が受注可能になるのは次編から。旭光編時点では受注不可ということだろう。

どんな強敵かと思ったら弱かった。

まとめ

聖剣伝説3の体験版が出ましたね。

すっごいやりたい。

バイオ3の体験版もやりたい。

FF7も体験版出たし、最近は体験版ムーブメントがきとるんか?

 - 仁王2

336adosensu

336adosensu

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【仁王2攻略】暗影編メイン1「退き口に待つもの」サブ「習いの中で、移ろわざるもの、誓いの祠、御前仕合」

どうも。 今回から暗影編です。不穏なタイトルです。 スポンサーリンク 【仁王2攻 …

【仁王2攻略】ビルドを考えると結局毒ビルドにいきつく…火雷水ビルドはどうか

どうも。 仁王2もそろそろ終わってしまいそうです。 2周目クリアしてトロコンした …

【仁王2攻略】暗影編メイン「屍山氷河」「籠中の翼」糞玉竜之丞が面倒すぎるトロフィー『糞玉皆伝』

どうも。 今回は暗影編メインミッションの「屍山氷河」と「籠中の翼」について。 あ …

【仁王2攻略】覚醒編メイン「蝮の聖域」サブ「声、黄昏に響きて」「邪悪の先触れ」ボス夜刀神

どうも。 今回は覚醒編のメイン「蝮の聖域」とサブ「声、黄昏に響きて」「邪悪の先触 …

【仁王2攻略】飛翔編メイン「人妖の桶狭間」「あやかし一夜城」「虚ろなる魔城」

どうも。 今回は仁王2飛翔編メインミッション「人妖の桶狭間」「あやかし一夜城」「 …

【仁王2攻略】覚醒編サブ「鍛冶師の願い」「探し人」「貪欲なる狩人」

どうも。 今回は覚醒編ラスト。 サブミッションの「鍛冶師の願い」「探し人」「貪欲 …

【仁王2攻略】残照編メイン「青き目のサムライ、瞳に映りしもの」エンディング…2周目あやかしの夢路へ

どうも。 今回で仁王2のストーリーは完結。 DLCが楽しみすぎますね~。 スポン …

【仁王2攻略】忍術・陰陽のスキルポイントは熟練度で蓄積する!忍道・陰陽道初伝中伝

どうも。 仁王2おもしろくって止まりません。 ずっと疑問に思っていたニンジャ・陰 …

【仁王2攻略】暗影編サブ「残り雪と紅き轍、兄弟刀、虎が来りて、影の使命、堕ちた巨星、手には蜻蛉頭に角、黄金の国、戻れぬ岐路、魔王の剣」

どうも。 今回は仁王2暗影編のサブミッションを一気に消化。 スポンサーリンク 【 …

【仁王2】飛翔編サブミッション攻略「今川の忠義者、秀龍の遺志、算盤合わず、墨俣妖捕り物、血気の咆哮、火の神の勾玉、深窓からの巣立ち、半妖名裁き、蝮と蝶」

どうも。 今回は仁王2飛翔編のサブミッションを一気に紹介。 個人的には墨俣妖捕り …