KASABUTA-ENDLESS

*

ゴーストオブツシマプラチナ壱岐DLCクリア後感想なんか

   

どうも。

PSplusエクストラのカタログに入っているデモンズソウルとデスストランディングをダウンロードしました。

なんだかどちらもプレイしているうちに眠くなってくる…

ゴーストオブツシマも最後の方は睡魔が襲ってきてたし、そろそろゲーム卒業なのか?

さて、今回はゴーストオブツシマの感想について。

スポンサーリンク

ゴーストオブツシマプラチナ壱岐DLCクリア後感想なんか

クリアしました!

本編はプラチナ取得まで、DLCの壱岐についてはストーリーとサブクエだけ終わらせました。

良いゲームでした。

文句なしの良ゲーだけども、神ゲー!っては個人的には言えないかな。

PSのオープンワールドアクションゲーというカテゴリーにおいてはホライゾンのほうが推せるかな。あっちは神ゲー。

ゴーストオブツシマで評価されているのは、

・昔の日本的な表現。和や誉、仁義など
・映像美。
・導線?動物や虫、風に導かれる

ネタバレが嫌であまり前評判やらは見てませんが、ちらほら目に入っていたのはこんなところでしょうか。

個人的にすごいと思ったんは映像美でしょうか。

花や草木、自然の表現がすごいのは言わずもがなですが、人物の表情がすごかった。

主人公と伯父が考え方の方向性の違いで決別するシーン。お互いの思いのぶつかり合いの表情がすごかった。

ディレクターズカット版だとリップシンク機能で日本語の口の動きになっているらしいですね。

映画化されるらしいが誰だったらあんなすごい演技ができようか。

主人公の境井仁のハードルはかなり高いと思うな。監督はキャスト陣は日本人でいくつもりらしい。

柄本兄弟のどちらか。もう少し若ければ松田兄なんかがベストだったろうな。

あぁ~アクションで評価されてるから佐藤健もあるか。イケメンすぎるけども。

志村の伯父殿については吉田鋼太郎あたりになりそう。

ゆながかなり難しいね。ヒロインだから美人を起用したいところだけども…

まぁ映画の話は置いといて。

クリア後にまとめサイトやらを見てみると、伯父上批判が結構あるのね。

まぁかくいう私も志村殿にはあまり好印象はないんだけども、誉れを最優先とするのにも立場上仕方がなかったんだよね。

その気持ちはわかるけども、やはりあの状況だと誉れだけでは勝てなかったよな~と思わざるを得ない。

そもそもクロウドとして誉れを捨ててきたからこそ伯父上はここに生きていて、多数の助勢も来てくれてるんだけど?って。

対馬を、民を守るために毒を使うのもやぶさかではない、と個人的には感じた。やりすぎだとも私は思わなかった。

そこらへんの賛否と現在の日本の国防における考え方は同じ傾向になるのかな。私は敵基地攻撃能力も必要だと思ってるんだが。守るためなら必要かなと。

でも、仁もやりたくてやってるわけじゃないんだよね。

まとめサイトには「たか」が殺されたのを目前にしてからタガが外れ、狂い始め、民を守ることよりも蒙古兵を殺すことを目的にしている。とあったがそこまでの狂気には堕ちてないと思っている。

まつ(巴)にも「殺すのが楽しくなってんでしょ?」ってなことを言われたのをまとめサイトでは「仁の本質を見透かされてる」なんて書いてあったけども、そんなこたぁないでしょう。あれは巴の本性が出ちゃってて、仁も同類かもって思って聞いたんでしょう。

境井仁は対馬の英雄やで。

「トロフィー」

プラチナトロフィーは時間はかかるけども簡単な部類。

トロフィーとるためにやるゲームじゃない。

基本はマップの?を追いかけていればOK。

動物や風が導いてくれるという話に心躍らされていたが、実態は?を追いかけるだけのよくあるオープンワールド。私は?を追いかけるのが大好きだ!ウィッチャー3も大好き。

?地点ではないお辞儀のジェスチャースポットを制覇するトロフィーがあるが、これもヒントがあるから簡単だった。

「壱岐」

壱岐は仁の過去と対する物語だった。

壱岐を支配しようとする蒙古と仁の父の仇敵が出てくる。

追加マップもかなり広くて私は途中でやめちゃった笑

本編だけでもお腹いっぱいだったのに、DLCのメインストーリーで胃もたれ。

面白かったけどもね。

システム的な大きな変化もないわけで飽きが来てしまいました。

メインストーリーを終えて、サイドクエストを進めるうちに何度か寝落ちしてしまったので切りの良いところで終えました。

PSPlusエクストラで十分に楽しませていただきました。

ありがとうございました。

「戦闘」

敵の兵種に合わせて型を変えて切り合う。

じゃんけんみたいなもので、慣れたら簡単。一対一ならば。

多数との戦いになったら暗器を使うのだろう。

序盤の武器も防具も、スキルも揃っていない状態だとかなり試行錯誤して戦う必要があって骨のある戦いで面白かった。

後半の揃った状態だと、逆に状況に合わせて戦い方を変えられるので、またそれも楽しかった。ただ、ガチっても普通に勝てるので歯ごたえはないかも。難易度上げろって話。

暗器はどれも強いが、クナイは使い勝手がよい。敵もよく落とすし、そこら辺で拾える頻度も高い。R1にはクナイを設定していることがほとんどでした。

防具は基本は旅人、戦闘になったらクロウドと境井。

護符は攻撃力が上がるもの、気力が溜まりやすくなるものを優先して付けた。

「マルチ」

クロウド奇譚というマルチモードがある。

一度だけプレイしてみたが、まぁ私はやれそうにないなと思った。

好きな人は好きなんだろう。

マルチじゃなくてシングルプレイで怪物退治やりたかったな。

まとめ

これでゴーストオブツシマは終わり。

新たにダウンロードしたデモンズとデスストランディングをどうするか…

デモンズは原作のほうをプレイ済みだし、もう良いかな。ファランクスまでは倒したけども、エルデンに慣れてしまってるのでデモンズはきつかった。

デスストランディングは序盤を抜ければ面白くなる!って系列かな。

メタルギアシリーズは全部やってるけども、別にコジマ信者ではないので見切りを付けても良いんだけども…

序盤で面白くない!って言ってやめちゃうのが一番つまんないからね。もうちょっと進めてみようかな。

 - ゴーストオブツシマDC

336adosensu

336adosensu

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
高評価のゴーストオブツシマ、やっぱり面白い。PSPlus加入ならプレイすべし

どうも。 暑い日が続きます。 いろいろと行きたいところはあるんだけども、やっぱり …

とりあえず全クリ、トロコンを目指す!│ゴーストオブツシマDC

どうも。 今年は異常に熱いような気がしてます。 年取って暑さに弱くなったってのも …