藤田珈琲「コーヒー屋さんの中煎りコーヒー(ミディアムロースト) レギュラーコーヒー」口コミレビュー

コーヒー

どうも。

ここ1年くらいはスーパーや通販でのコーヒー豆の購入はありませんでした。

自分で焼くか、焙煎店のものを買うか。

ちょうど豆が切れてしまったので、久しぶりにスーパーに売っているレギュラーコーヒーを買ってみました。

藤田珈琲の「コーヒー屋さんの中煎りコーヒー(ミディアムロースト)」です。

昔飲んだことがあったかもしれない。

スーパーで300g300円でした。やっすい。自分で焼くのが一番安いけど。

で、飲んでみました。

藤田珈琲「コーヒー屋さんの中煎りコーヒー(ミディアムロースト) レギュラーコーヒー」口コミレビュー

まずは普通にホットのブラック。

20gで300ml、2分30秒~3分くらい。お湯は90℃前後。

印象は「結婚式のシメに出てくるコーヒーみたい」

すっごい美味しいわけではないが、たぶん一般的には受け入れられる感じなのだろう。

香ばしさは少ないが、苦味と酸味のバランスは取れていて、コーヒー感がある。

ただ時間がたつにつれ味がどんどん落ちてくる。

飲むなら一気に飲める量だけ淹れたほうが良いかも。

次に水出しコーヒーにしてみた。

浸漬式ではなくiwakiの透過水出しコーヒーです。ポタポタと時間をかけて抽出するやつね。

水出しは失敗が少ないのだが、これはあまり良くなかった。

水出しだと良い酸味、香味を引き出してくれるものだが、このコーヒー粉はポテンシャルが高くないようだ。

薄っぺらい印象。

基本的には水出しには深煎りのほうが向いてるし、仕方がないか。

次はカフェオレ。

40gで200ml、ホットミルクも同量。

これはダメだった。

馬鹿舌の嫁も「あれ?」って感じ。

まぁでも中煎りだから仕方ないか。カフェ・オレするなら深煎りだよね。

次にアイスコーヒー。

これは美味しかった。

サーバーに氷を敷き詰めて、ドリップする。

40gの粉に対して、氷も含めて500mlの出来上がり量。

アイスコーヒーらしい爽やかさ。そしてこれまでの抽出法では感じられなかった香ばしさが感じられた。

これはお客さんに出しても喜ばれるだろうレベルでした。

いろいろな淹れ方で味が変わって、やっぱりコーヒーは面白い。

はじめてのハンドドリップ

おしゃれで素敵な動画だけどもね。

カリタは全部高い。ここ2年くらいでめっちゃ値上げしてません?

コーヒーアイテムもアマゾンランキング見ると中華系に占領されてるよ。

まとめ

店で選ぶときは一番賞味期限が長いものを選んだのですが、やはり抽出時にはまったく膨らまなかったです。

不味いわけではありませんけど自分で焼いたり焙煎店で買う豆とはステージが違う。

コーヒーは自己満足、嗜好品ですが、

今度は同じラインナップの深煎りタイプを買っていろいろと試してみたいと思いました。

コメント